MENU

床下エアコン

2020年7月11日

こんにちは。
本当に良く降り続ける雨で、
被害の出ている地域の方々に掛ける言葉も見つからないほどです。
少量なら「恵みの雨」も、ここまでまとまったら害でしかありません。

さて、昨日お引渡しをしたお家がありました。
途中からでしたが打合せにも参加させてもらった物件で、
私にとっては思い入れのあるお家でもありました。

ご家族皆様のご要望がたくさん詰まり、
こだわった数々のポイントは、
後日HPの施工例にUPさせていただくことにして、
今後計画中のお家でも参考になる、
床下エアコンについて少しお話したいと思います。

DSC_04801.jpg


昨日、お引渡しをしたお家は、
① 長期優良住宅(耐震等級3)
② ZEH
③ BELS★★★★★
と、公的機関からたくさん評価・認定を受けたのですが、
それだけでなく、『基礎断熱工法を採用した床下エアコンのあるお家』
と言うのが、最大の特徴のお家でした。
(弊社で建てたお家で、床下エアコンのお家は過去にもあります。)

写真のように、床の高さギリギリくらい
(吹き出し口からの風が床下に行くくらい)の、
位置にエアコンを設置します。


このエアコンですが、一般的に流通している普通の機種なので、
特に床下エアコン用で割高であると言うことはありません。

そのためエアコンが万が一壊れても、
メンテナンスは通常のエアコンと何ら変わりはありません。

今のように梅雨時期は除湿運転、
冬場は暖房運転をして常に点けっぱなしです。
そうやって床下部分からの冷気や暖気が、
1階の床にあるフロアスリッターから1階へ流れます。

DSC_03511.jpg

写真は昨日のお家ではないのですが、フロアスリッターの写真です。
スリット部分から物が落ちないように、ちゃんと網は張ってあります。
LDKなどの居室、トイレや洗面所や廊下に至るまで、
1階の全ての箇所の床に付けます。


そうすることによって家全体が、暑すぎず寒すぎず、程よい温度で保たれます。
エアコンの風が苦手な方には、心地よさが実感していただけると思います。
ヒートショックも無くなり、健康で快適な暮らしができます。

床下の温度や湿度はいったいどの程度なのか。

1447269891.jpg

床下にはこのような子機(?)を設置して、

DSC_04791.jpg

お部屋ではモニターを見ながら、床下の様子をチェックします。
こうやって、除湿運転なのか、冷房なのか・・・と、
すぐに分かります。


この効果を最大限に発揮できるためには、
日射取得方法や、サンシェードの活用、
断熱材や気密性についての検討が必要になります。

その辺りのことは、また近いうちにお話しできればと思っています。
次回の豆知識をお楽しみに!


合せてこちらもご覧ください。


アーカイブ

2020

最新記事

資料請求はこちら
施工例はこちら

お知らせ

家づくりに参加する

  浜松でもコロナのクラ…

お宝発見・・・!?

久しぶりの晴れ間があって「…

床下エアコン

こんにちは。本当に良く降り…
マイホーム革命~完全直営方式の家
みんな集まれ! イベント情報
完全直営方式隊
専門業者募集中
ONENESS設計企画株式会社
tel:0120-561-354
お問い合わせはこちらからどうぞ。

アクセス

〒430-0812
静岡県浜松市南区本郷町1308-14


© 2020 All rights reserved.