MENU

無理のない住宅ローン(改訂版)

2019年3月5日

家が欲しいなぁ~と考えたとき、

「家っていくらで建つんだろう」と

考えると思います。


家づくりには建物本体工事費以外に、

ガス工事や屋外電気工事、地盤や基礎の補強工事などの「付帯工事費」

住宅ローンにかかる融資事務手数料や各種税金などの「諸費用」
建築中にかかる仮住まいや引越し費用「雑費用」

無理のない住宅ローンを組むには

予算内に収めることが、最大のポイントです。


頭金を増やして、住宅ローンの借入を少なくするのがベストですが

早々、簡単にはね~

もし、親御さんや祖父母様にお願いできちゃうなんて方は

こんな制度もあります。


親や祖父母の直系尊属から20歳以上の子・孫への、

住宅取得のための資金贈与をおこなう場合、

下記のような非課税制度が設けられています。

 

住宅購入に際して親などから資金援助をされた場合、

財産をもらったと見なされて「贈与税」の対象となります。

贈与税の基礎控除額は年間110万円!

「住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置」を使うと、

2018年度は質の高い住宅なら1200万円、

一般住宅なら700万円までの贈与が非課税となります。

 

 

ちなみに、質の高い住宅とは、

 

 質の高い住宅(※いずれかをクリアしたもの)

1. 断熱等性能等級4又は一次エネルギー消費量等級4以上の住宅

2. 耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上又は免震建築物の住宅

3. 高齢者等配慮対策等級(専用部分)3以上の住宅


でも~ 2019年度は「住宅取得等資金に係る贈与」の

    非課税枠がさらに拡大されます。


<新たな非課税枠>


質の高い住宅なら3000万円まで


一般住宅なら2500万円まで

 

2019年だけの措置です。なぜ、こんなにも大幅な非課税枠の拡大が行われるのか。

それは10月に予定されている消費税10%への引き上げ対策として!

消費税が8%の時に駆け込み需要の反動をおさえるために2019年だけは非課税枠が拡大しているのです。

3000万円の高額贈与を受けられる人は少ないかもしれませんが

もし受けられるのなら、2019年度中に購入するのがオススメ!

 

kazoku_1.gif


このほかに年110万円までの贈与についても非課税になり併用して利用できます。


住宅ローンの種類

住宅ローンも種類があります。ご自分に合ったローンを探してみてください。

現在の住宅ローンの代表格は、長期返済・固定金利タイプの「フラット35」
民間の銀行、信金、信用組合、生保、JAなども様々な住宅ローンを扱っています。

 

住宅ローン減税制度

住宅ローン減税とは、

家を買うと納めた税金の一部が戻ってくる(控除される)制度。

平成31年6月末日までに住宅を取得・入居すると10年間にわたって、

一般住宅の場合、最大400万円まで控除されます。
※住宅ローン減税を受けるためには、所得や住宅が一定の条件を

満たしている必要があります。

 

夢のマイホームのために家づくりのお勉強してくださいね~


アーカイブ

2019

最新記事

資料請求はこちら
施工例はこちら

お知らせ

広告が載っています!

こんにちは!だんだん暑さも…

イエタテ秋号できました

なんだか急に涼しくなり、秋…

長期優良住宅とは・・・

ついに8月も今日で終わり、…
マイホーム革命~完全直営方式の家
みんな集まれ! イベント情報
完全直営方式隊
専門業者募集中
ONENESS設計企画株式会社
tel:0120-561-354
お問い合わせはこちらからどうぞ。

アクセス

〒430-0812
静岡県浜松市南区本郷町1308-14


© 2019 All rights reserved.