MENU

目次

耐震等級の話

どんなにデザイン性や快適性が良くとも、ご家族の安全を守れなければ良い家とは言えません。
ここ浜松は東南海地震と隣り合わせ。万が一の巨大地震も耐えられる強い家は、標準仕様でなければなりません。
地震に強い家は構造の強い家、構造の安全性の高い家です。

構造の安全性の確認方法は以下の3つがあります。

仕様規定は、最低限守らなければいけない基準で、耐震等級は1です。
性能表示計算をして申請すると、耐震等級2もしくは3を取得できます。
長期優良住宅の申請をすると、同時に耐震等級も認定されるため、ONENESSでは基本的に長期優良住宅の申請を行っています
住宅会社の中には「耐震等級3相当」と表示している会社がありますが、これは「耐震等級3と同等の性能を持っているが、正式な認定を受けていない家」ですので、書類上は耐震等級1と同じです。
さらに構造計算をすると、安全性は格段に高まります。

ONENESSの安心に欠かせない3つの条件

耐震等級3

耐震等級は、地震に対する家の強さを等級分けしたものです。

耐震等級1
数十年に一度発生する震度5程度の中規模地震では損傷しないように。
100年に一度発生する震度6〜7程度の大規模地震では倒壊しないように。

耐震等級2
耐震等級1の1.25倍の耐震性を持ち、100年に一度発生する震度6〜7程度の大規模地震では一定の損傷で済むように。

耐震等級3
耐震等級1の1.5倍の耐震性を持ち、100年に一度発生する震度6〜7程度の大規模地震では軽微な損傷で済むように。

ONENESSの新築住宅は、全棟で耐震等級3を取得しています(ご予算に応じて2も可)。
ちなみに、耐震等級3を取得すると、地震保険料が半額になります。
しかし、2016年の熊本地震では、震度7が2回、震度6強・6弱の地震は複数回起こっています。
一度目の地震は耐えても、その後の地震で倒壊や損壊した家もたくさんあります。
今や100年に一度のための地震対策ではなく、巨大地震が複数回起こることを想定して、耐震等級以上の耐震性を持たなければなりません

構造計算(許容応力度計算)

耐震等級3の取得と同時に、お客様の安全と安心を守るため、一般的な大きさの木造2階建て住宅には義務付けられていない構造計算を全棟で行っています。(マイナスオプション可)
構造計算は、部材(柱・桁・梁などの骨組を構成する材料)の強さが、地震や台風などの一時的にかかる大きな力に負けないかを計算します。
同じように見える柱でも、種類ごとに強さは違います。地震や台風で建物にどれくらいの力が加わり、どのように変化するか。
それに耐えられる部材はどのような強度のものかを構造計算で導き出しています。

構造計算は信頼性の高いものですが、実施している会社はまだまだ少ないです。
その理由は、膨大な計算(資料)が必要だから。とにかく時間がかかります。
しかし私たちは、浜松で安心安全に暮らすためには構造計算は必要だと思っています。
地震に対するストレスが減ることは、何にも代えがたいのです。

耐震制震装置

地震に強い家にするためには、構造そのものを強くする「耐震」に揺れを吸収する「制震」を併用することが有効です。
制震装置は地震の揺れを効率よく吸収します。
建物の変形を抑えてダメージを軽減し、繰り返し起こる地震にも効果を発揮します(免震は非常に高額なためお勧めしていません)。

制震装置の一例

強靭さを増すために建築金物などを使用する場合もあります。
こちらは、地震エネルギーを小さくする“摩擦減震”により木造家屋の倒壊を防ぐUFO-Eという建築金物です。

風にも強い

建物がどれくらいの風に耐えられるかも大切です。
建築基準法では地域ごとに基準風速というのを設けており、浜松は基準風速32m/sに耐えられる造りにしなければなりません。
しかし、近年台風は巨大化しています。
2019年の台風24号では、浜松は最大瞬間風速41.9m/sを記録し、大きな被害をもたらしました。
もはや建築基準法レベルでは不十分
過去の大きな台風を念頭に置き、より強い風に耐えられるよう暴風対策をしなければなりません。
構造計算は耐震を高めるだけでなく、耐風も高めます
近い将来起こりうる規模の地震や台風を想定し、家の構造を強くしてご家族を守りましょう

高性能も直営方式で

高性能住宅に必要なことすべてを、直営方式(原価公表システム)でご提供させていただいております
一例をあげると、樹脂の複層ガラス、耐震等級の取得、構造計算、制震ダンパーすべて原価です。

一般的に高性能住宅にすると建築費は高額になります。
しかし、直営方式(原価公表システム)なら安心
適正価格で快適&安全&安心を実現できます。

また、他社では標準仕様に含まれているものは、必要なくとも強制的に付けられ、値引きは一切ありません。
その点、直営方式(原価公表システム)は、標準仕様内でもお客様が必要ないと判断したものは、削ったりダウングレードできます
もちろんその分のお値引きをします。

お客様と二人三脚の家づくり

今は技術も設備も進化しています。
それを勉強せずに、昔ながらのやり方を変えない、時代遅れの家を建てる会社はまだまだあります。
お客様の快適性と安全性を後回しにしているのです。
私たちは、最新の技術をしっかりと勉強し、時代に求められる家を建てることをお約束します。

また、お客様のご希望以上の家を誠心誠意つくりたいと思っています。
それには、お客様と私たちが同じ方向を向いて同じ目標に向かうこと。
家づくりのパートナーとして、工務店が施工しやすい建物ではなく、お客様が主役の家づくりを、お客様と二人三脚で進めることを大切にしています

ですので、分からないことはなんでもご相談ください。

 

住宅の性能、家づくりのことなら何でもご相談ください


相談会・セミナーの様子

住宅性能は技術的な数値なども大切ですが、一番大切なのは、ご予算内で最高の家を建てることです。
しかし、最高と感じる家は十人十色、お客様それぞれ違います。
そこで、お客様にとって本当に必要な家とはどのようなものかを、無料の相談会でお話ししています。

相談会では、ご希望を伺い外皮計算(UA値)と構造計算から、具体的な性能を数値で表しています。参加された方からとても喜ばれていますので、ぜひご参加ください。

また、直営方式(原価公開システム)についてもご相談ください。
直営方式(原価公開システム)は原価で建てられるのはもちろんですが、実はそれだけではなく、ご自身で探された建材や住宅設備も取り付けられます。
これまで、ネットで見つけた壁紙や洗面ボウルなど、たくさんの持ち込み商品の取り付けをしました。
住宅会社を決める前に、ご家族にとって必要な家とはどのようなものか、賢い家づくりとはどういうものかを知っていただければ幸いです。
打ち合わせ室にはキッズコーナーもご用意していますので、お子様と一緒にお気軽にいらしてください。

個人情報保護について

弊社は個人情報の重要性を認識し、本ウェブサイトを訪れるすべてのお客様が安心してご利用いただくために個人情報等に関する法律を順守し、お客様の個人情報の保護に努めてまいります。

弊社が収集したお客様の個人情報の利用は、お客様に最適と思われる情報等をご提供するために利用いたします。

資料請求はこちら
メールはこちら

資料請求はこちら
施工例はこちら

お知らせ

シックハウス対策

ずいぶんとブログをごぶさた…

ぜひONENESSセミナーへ!

第29回ONENESS…

セミナー開催のお知らせ

毎月恒例 第二土曜日13:…
マイホーム革命~完全直営方式の家
みんな集まれ! イベント情報
完全直営方式隊
専門業者募集中
ONENESS設計企画株式会社
tel:0120-561-354
お問い合わせはこちらからどうぞ。

アクセス

〒430-0812
静岡県浜松市南区本郷町1308-14


© 2021 All rights reserved.