MENU

イエタテさんの家づくりQ&Aに回答させていただきました。

2018年7月3日

イエタテ浜松さんのWEBサイトQ&Aに回答させていただきました。

質問は4歳を筆頭に子どもが3人おり、上の子が小学校に上がる前に
家を建てたいと思っています。
気を付けていても、いつの間にか「モノ」が増えている状態なので、
収納スペースはできるだけたくさんほしいです。
ただ、これから子どもたちが大きくなっていく事を考えると、

居住スペースにもできるだけ余裕がほしいところで。。。
居住スペースの面積はあまり変えずに、出来るだけ収納力を上げるためには、どんな方法が考えられますか。


こどもが成長するにつれて、

学校での使うものや趣味や遊びのものと

次々と増えてしまって

どこのご家庭でも、そうですよね。

小屋裏やロフトはみなさんもご存じの通りです。

 

koyauraLOW.jpg

■小屋裏
収収納スペースがあまり取れない場合は、

小屋裏を収納スペースとして活用しましょう。

小屋裏は、高さ1.4m、直下階の床面積の1/2以内なら

床面積に算入されません。


kodonobeya.jpg
■ロフトの有効活用  
ロフトは高さ1.4m以内、面積が直下階の1/2という制限を

守れば床面積に算入されません。子供部屋のベッドルームに、

収納スペースにと、多目的にアレンジできます。


■壁面に収納  
廊下の壁厚を利用すれば、奥行10~15cmのCDや

文庫本などの収納スペースになります。

syuunou_LOW.jpg
■デッドスペース活用  
階段下やキッチンの床下、玄関や上がり框の下など、

使っていない場所は意外とたくさんあるものです。

そのデッドスペースを収納スペースにすれば、

居住スペースを減らさずに収納スペースを確保できます。


間取りを工夫して、部屋を広く使うのも大切です。


2018n_di.jpg


■リビングに階段  
廊下を少なくして居住スペースを広く確保します。
廊下にある階段をリビングやダイニングに設置すると、
その分部屋を広く使うことができます。


■LDKをより広く見せる
LDKをそれぞれ独立させない。できるだけ一体空間として利用して、

より広く見せます。床に段差をつけたり、

壁に角度をつけたりするなど、空間に変化を持たせることで、

より広く感じることができます。


■スペースを立体的に使う 
隣り合わせの子供部屋のベッドを同じ壁面の上下互い違いに作る。
上や下の空きスペースを立体的に利用します。

空間を上手に演出して、視覚的、心理的に開放感を確保することで、
広々とした暮らしのスペースが確保できます。

住まいは工夫次第です。たくさん研究してください。
良いアイデアが浮かんだら、一級建築士などに相談してみてください。 


アーカイブ

2019

最新記事

資料請求はこちら
施工例はこちら

お知らせ

平成30年度ZEH報告

  …

とにもかくにもお久しぶりです

スタッフigです@(・●・…

平成 最後の日

今日は4月最後の日 平成も…
マイホーム革命~完全直営方式の家
みんな集まれ! イベント情報
完全直営方式隊
専門業者募集中
ONENESS設計企画株式会社
tel:0120-561-354
お問い合わせはこちらからどうぞ。

アクセス

〒430-0812
静岡県浜松市南区本郷町1308-14


© 2019 All rights reserved.